大河ドラマ「いだてん」ロケ地は桑名市だった!?意味不明で視聴者びっくり!?

出典 https://www.nhk.or.jp

2019年1月からスタートしたNHK大河ドラマ「いだてん」

脚本は、あの人気脚本家の宮藤官九郎さんで、近年の大河ドラマとはしては珍しく、明治から昭和にかけての話で、第1話の放送直後から大変な話題になっていますね!

そんな大河ドラマ「いだてん」のロケ地に注目が集まっています。また、ドラマの内容が「意味不明だ」という噂がありますが、一体ということでしょうか?

新しく始まった大河ドラマの内容に迫ってみたいと思います!!

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

日本で初めてオリンピックにマラソン選手として参加した金栗四三と、日本にオリンピックを招致した、田畑政治の2人を中心として物語が進んでいきます。

日本が初めてオリンピックに参加した、1912年の「ストックホルム大会」からはじまり、幻に終わった1940年の「東京オリンピック」。その後第二次世界対戦に敗戦し、その後奇跡的な復興を遂げた日本。

そして1964年の「東京オリンピック」が実現するまでの劇的なストーリー展開が、脚本家・宮藤官九郎さんの手によって繰り広げられていきます!

主演の金栗四三役に、歌舞伎俳優の中村勘九郎さん。田端政治に阿部サダヲさん。落語家の古今亭志ん生をビートたけしさんが務めるなど、豪華なキャストも話題になっています。

また音楽を大友良英さんが担当し、一世を風靡した朝ドラ「あまちゃん」に出演していたキャストも大勢出演しており、注目が集まっています!!

人気記事:河北麻友子は性格が悪そうで嫌われている!?実家の嘘がバレて大炎上!?

人気記事:幸運・恋愛運アップの待受画面2019!おしゃれなメンズにもピッタリな待受も!

スポンサーリンク

「いだてん」のロケ地は?

「いだてん」の撮影は2018年4月から始まっていて、主人公は「日本マラソンの父」と呼ばれている金栗四三さんです。

金栗四三さんは熊本県出身ですので、熊本県和水町(なごみまち)にある「金栗四三生家」を舞台に撮影が開始されたそうです。

和水町ホームページ

ちなみにこの「金栗四三生家」は、2019年1月11日に「金栗四三生家記念館」としてリニューアルオープンしています!

出典 http://www.kanakurishiso.jp

大河ドラマの放送開始に合わせてオープンしたようですね。日本のマラソン界の第1人者ですから、全国からランナーが集まりそうですね!

注目記事:「家売るオンナの逆襲」最終回はいつ?原作ネタバレも!無料動画で見る方法とは?

その他のロケ地は?

その他の主な撮影地としては

  • 熊本県芦北町・玉名市・美里町・山鹿市・人吉市
  • 茨城県つくばみらい市・笠間市
  • 栃木県鹿沼市
  • 京都府京都市
  • 三重県桑名市
  • 静岡県掛川市・島田市・浜松市・川根本町
  • 千葉県九十九里町
  • スウェーデン・ストックホルム

など、日本全国各地やストックホルムでも行われています。やはり熊本出身の金栗四三さんを題材にしているだけあって、熊本県での撮影が多いですね。

そして、さすがはNHKですね!全国の名所や昔の町並みが撮影できる場所を、よく調べているのでしょうね!

三重県桑名市のロケ地がすごい!?

出典 http://www.city.kuwana.lg.jp

第1話で「天狗倶楽部」が登場し、大暴れしていたシーンで使われていた洋館は、三重県桑名市にある「六華苑」です。

洋館と和館が隣接している大変珍しい建築物で、映画やドラマのロケ地として、よく撮影に利用されているようです。

出典 http://www.kuwana-fc.info

とても素敵な建物ですね!この六華苑は国の重要文化財に指定されていて、一般に公開もされています。

ぜひ一度訪ねてみたいものです!!

注目記事:永野芽郁は鼻がつぶれているので可愛くない?佐藤健とのインスタが話題沸騰!?

六華苑の基本情報

意味不明で視聴者びっくり!?

大河ドラマ「いだてん」について調べていると、「意味不明」というキーワードが出てきます。

一体視聴者の皆さんは、何について「意味不明」だと思っているのでしょうか?

まずは本来の「いだてん」の意味から見てみましょう!

「いだてん」の意味?

「いだてん」を漢字で書くと「韋駄天」です。

韋駄天は古代インドの宗教バラモン教の神ですが、仏教が創始された時に、お釈迦様が守護神として迎えられたのが「韋駄天」です。

出典 http://www.sumitomo.or.jp

お釈迦様が亡くなられた日に、鬼がお釈迦様の歯を盗みました。慌てた弟子たちは、韋駄天に歯を取り返して欲しいと頼みます。

すると韋駄天は一気に100万キロを走り、鬼を捕まえてお釈迦様の歯を取り返したそうです!そこから「早く走る神」「盗難除けの神」とも呼ばれるようになりました。

このことから足の速い人のことを「韋駄天」と称したり、速く走ることを「韋駄天走り」と表現するようになりました。

ちなみに、食後に「ごちそうさま」と言いますが、漢字で書くと「ご馳走様」と書きますよね?

これは実は韋駄天のことを言っているのです。

昔インドでは、韋駄天は足の速さを活かして、修行中の僧侶や人民のために食べ物を集めて回っていたことから、韋駄天は食卓を守る神様として崇められるようになります。

「ご馳走様」という言葉は「足の速い神様・韋駄天様」が由来になっていると言われています。

おすすめ記事:松本穂香は豚鼻で目頭切開をしていることにネット騒然!?実は「いつ恋」にあの役で出ていた!

「いだてん」のロゴが意味不明?

大河ドラマ「いだてん」のロゴを、世界的な美術家でグラフィックデザイナーの、横尾忠則さんがデザインしました。

横尾忠則さんといえば、斬新でカラフルなデザインが有名で、これまでに数々の賞を受賞し、世界的にも評価されているデザイナーです。

今回の「いだてん」の横尾忠則さんのデザインしたロゴに注目が集まっています。

NHKの「いだてん」のホームページやツイッターに行くと、足がクルクルと回っている、なんとも不思議で、面白いデザインとなっています!!

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1062268903752065024

この「いだてん」のロゴを見た視聴者から、賛否両論の意見が集まっています!

  • 「いだてん」のロゴ怖くない!?
  • トラウマになりそう!
  • グルグル回るタイトルロゴがキモい
  • ちょっと不気味
  • 子供が怖がっている
  • 横尾忠則だから、もっとカラフルだと思ったけど、案外おとなしいな
  • さすがは横尾忠則!この独特さがたまらない!

確かに見ようによっては怖いですね~!足が3本クルクル回っているから、確かにお子さんは怖いかもしれませんね。

でもこの感じ、個人的には嫌いじゃないですね(笑)めっちゃ走ってる感じが楽しです!

中には「ロゴを変えてほしい」と、NHKに苦情を言っている人もいるみたいです!?

芸術ってなかなか人には受け入れてもらい難いのでしょうか・・・。

果たしてこのままのロゴで、最後までいくのかどうかも見どころです!!

おすすめ記事:小芝風花の顔が子役時代から変わったことに驚きの事実が!石原さとみのように人気者になれるか?

今回のまとめ

ついに始まった宮藤官九郎さんの大河ドラマ。「あまちゃん」ファンの人は待望していたのではないでしょうか?

第1話から、かなり魅力的な内容になっていましたので、今後の展開が楽しみですね!ロケ地やロゴにも注目して見てましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。