「中秋の名月」2018年の満月はいつ?月見団子やおつまみなど食べ物のレシピも!

秋の夜長に満月を愛でながらお酒を呑む。とても粋な大人の楽しみですよね。

2018年の「中秋の名月」はいったいいつなのでしょうか?

またお月見をしながら美味しいものがあればなお良いですよね!

お子様も喜ぶお月見団子や、お酒にピッタリな秋の旬を使った、お料理のレシピをご紹介します!

スポンサーリンク

中秋の名月とは?

あなたは「中秋の名月」とは何かご存知ですか?

中秋の名月とは読んで字のごとく「中秋に見ることのできる美しいお月さま」のことです。「中秋」とは旧暦で8月15日のことを指します。

ちなみに旧暦では1月から3月を「春」、4月から6月を「夏」、7月から9月を「秋」、10月から12月を「冬」と呼んでいました。

旧暦の季節の分け方では、8月は秋の真ん中なので「中秋」となります。旧暦では月の日数は29日か30日ですので15日は月の真ん中の日と考えられます。

中秋の名月は「満月」を意味しており、月は新月から満月になるまでに約15日かかります。そのちょうど真ん中の日が15日にあたりますので「十五夜の月」=「満月」と考えられるようになりました。

中秋の日(旧暦8月15日)の夜の月も当然満月かそれに近い月です。中秋の日の夜の澄み渡った秋の空に浮かぶ丸い月はやがて「中秋の名月」と呼ばれ、人々に愛されるようになりました。

また、秋は収穫の時期でもありますので、その年の収穫物を月に供える風習が各地に残っています。「芋名月」などの呼び名はここから生まれたものだと考えられます。

現在、月見団子を供えるのも、芋(サトイモ)を供えた風習の名残だと考えられています(団子は芋の代わりとして)。

実際に旧暦の8月15日は現在の8月15日とは日にちが全く違います。旧暦で言われてもピンときませんよね。それでは2017年の「中秋の名月」はいったいいつなのでしょうか?

人気記事:枚方オクトーバーフェスト2017開催決定!!関西の仲間とドイツビールで乾杯しよう!

2018年の中秋の名月はいつ?

2018年の十五夜は9月24日です。

しかしこの日は残念ながら満月ではありません。最近で十五夜が満月だったのは2013年でした。

十五夜といえば満月のイメージがありますが、月の満ち欠けはきっちりと1日単位ではありませんので必ずしも満月ではないのです。

しかしほぼ満月に近いまぁるい形をしていますので、十分楽しむことができますよ!

ちなみに、次の十五夜の満月は2021年の9月21日です。

2021年の中秋の名月には、完璧な満月を見ることができますよ!楽しみにしていましょう!

人気記事:松本穂香は豚鼻で目頭切開をしていることにネット騒然!?実は「いつ恋」にあの役で出ていた!

十五夜にすすきを飾るのは何故?

「すすき」には、月の神様を招いて心霊が憑くものとして昔から考えられてきました。

また秋の季節は収穫を神様に感謝することから、稲穂に似た「すすき」をお供えするようになったとも言われています。

さらに「すすき」には魔除けの力があるとも信じられており、お月見にお供えした「すすき」を軒先に吊るすと、1年間病気をしないという言い伝えも残っています。

日本には美しい文化が残っていて、日本人として嬉しく思いますね。このような美しい文化はこれからも守っていかなければなりません。

そして「すすき」と共にお供えするのはお団子ですよね?では十五夜とお団子の関係はどのようなものなのでしょうか?

十五夜にお団子をお供えするのは何故?

十五夜ではその年の収穫への感謝とこれからの収穫を祈願して、お米の粉で作った団子をお供えしたのが「月見団子」の始まりだと伝えられています。

また芋(サトイモ)の代わりにお供えされたとも言われています。

さらに「月は霊力をもった真珠」のようなものと信じられていたことから、真っ白な白玉団子を捧げた後、そのお供え物の団子を食べることで、月の力を自分に分けてもらい、健康と霊力を手に入れることができると信じられてきました。

お月さまの力を分けてもらうなんて、ロマンチックな考え方ですね!やはり日本の文化は素晴らしいですね!

ではお月さまの力を頂くための「月見団子」の作り方をご紹介します!

人気記事:菊池風磨の演技は驚くほど下手だった!?筋肉がムキムキでやばい!?

月見団子の作り方

<材料>(約15個)

・上新粉 150g

・グラニュー糖 大さじ1

・ぬるま湯 130cc

<作り方>

1・ボールに上新粉とグラニュー糖を入れて混ぜ合わせ、ぬるま湯を加えて混ぜる

2・手でよくこね合わせゴルフボール大ほどの大きさに丸める

3・大きめの鍋にお湯を沸かし、沸騰したら丸めた団子を入れる。鍋の底につかないように混ぜながら15分茹でて氷水にとる

4・団子の水気をきってザルに上げ、うちわであおぐ

※うちわであおぐことにより、団子に照りがでてきます

材料もスーパーなどで簡単に手に入りますし、とっても簡単に作れますよ。ことしの「中秋の名月」は手作りの月見団子共に楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

「月見酒」にあう「中秋の名月レシピ」

月見団子ももちろん嬉しいですが、大人の楽しみといえば月見酒ですよね。美しい月を愛でながらお酒を楽しむなんて「粋」ですよね。

そんなひとときに合う、美味しいおつまみのレシピをご紹介します。

秋刀魚のなめろう

秋が旬の秋刀魚。新鮮な秋刀魚が手に入ったら是非お試しください!とても簡単で日本酒にピッタリですよ!

<材料>2人前

・秋刀魚の刺し身用切り身 2尾

・ミョウガ 1個

・生姜 1かけ

・大葉 1~2枚

・ネギ(青でも白でも) お好みの量

・味噌 大さじ1

・酒 少々

<作り方>

1・ミョウガ、生姜、大葉をみじん切りにする

2・秋刀魚の刺し身を細かく包丁で切る

3・たたいた秋刀魚に(1)と味噌、酒を合わせて包丁でたたく

4・ネギのみじん切りを上に散らして出来あがり

人気記事:上村海成は「ちはやふる」にあの役で出ていてびっくり!?青学に優秀な成績で入学したって本当?

里芋とイカの煮物

十五夜に里芋をお供えする風習があるように、里芋とお月見とは切っても切れないものです。中秋の名月の季節にイカの出汁がきいた旬の里芋を味わってみませんか?

<材料>2~3人前

・里芋 6~8個

・イカ(解体されたもの) 1杯

☆出汁

・醤油 大さじ3

・砂糖 大さじ2

・みりん 大さじ3

・日本酒 大さじ3

・水 400cc

・顆粒だし 大さじ1

<作り方>

1・里芋は皮をむき、食べやすい大きさに乱切りにする

2・鍋に☆出汁を入れ加熱しイカをさっと煮てイカを取り出す

3・イカを取り出した出汁に里芋をいれ、柔らかくなるまで煮込む

4・里芋が煮えたらイカを戻しいれ、イカが全体にピンク色になったら出来上がり

人気記事:佐藤勝利はイケメンすぎて万人受けする理由に衝撃!?実は歌がめちゃ下手でびっくり!?

きのこのアヒージョ

きのこ類はスーパーでは1年中出回っていますが、旬は秋です。いろんな種類のきのこを入れて秋の香を楽しみましょう!ワインはもちろん、ビールにも日本酒にも合いますよ!

<材料>2~3人前

・ぶなしめじ 1パック

・マイタケ 1パック

・えのき 1パック

・にんにく 2かけ

・鷹の爪 1~2本(お好みで)

・塩コショウ 少々

・オリーブオイル 1カップ

<作り方>

1・にんにくは皮をむき、包丁で押しつぶす。鷹の爪は中の種を取り除いておく

2・きのこは石付きを切り落として、食べやすいように裂いておく

3・スキレット(フライパンでも可)にオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れ中火にかける

4・にんにくの香りがしてきたら、きのこを投入して、じっくり煮る

5・全体にしんなりしてきたら、塩コショウで味を整えて完成

※バケットなどにオリーブオイルを染み込ませて食べると絶品ですよ!

人気記事:中島健人の神対応セリフでファンが悶絶!?脚がめっちゃ長すぎてびっくり!?

まとめ

いかがでしたか?日本には正月から始まり、大晦日まで1年を通して様々な行事がありますが、昔から伝わる文化を理解することで、より楽しく過ごすことができると思います。

2018年の「中秋の名月」では是非、日本の美しい文化を感じながら、美しい月を見て、美味しい料理を味わいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。