スザンヌ・斉藤和巳から「養育費を一括でもらったと告白」いったいくらもらったの?

人気タレントのスザンヌさんが14日、バラエティ番組「上沼・高田のクギヅケ!」に出演し、元夫・プロ野球ソフトバンクホークスの投手だった、斉藤和巳さんとの離婚について明かしました。

スポンサーリンク

スザンヌの離婚理由とは?

スザンヌさんは2011年にソフトバンクホークスの投手・斉藤和巳さんと結婚。2014年に1月に第1子を出産し、15年3月に離婚しました。

番組内でMCの上沼恵美子さんが「なんで別れたんだっけ?」と、スザンヌさんに聞きました。それに対してスザンヌさんは、

「子供が生まれて、彼はたぶん、自分が一番が良かったんだけど、子供の方に私がいっちゃったから、すねちゃった」と、明かしました。

子供が生まれたからすねちゃう男の人っているんですかね?なんか斉藤和巳さん、大人気ないですね・・・。

では、女性の意見の離婚理由ランキングを見てみましょう!

  1. 性格が合わない
  2. 暴力を振るう
  3. 生活費を渡さない
  4. 精神的に虐待する
  5. 異性関係
  6. 浪費する
  7. 家庭を捨てて顧みない
  8. 性的不調和
  9. 家族・親戚と折り合いが悪い
  10. 酒を飲みすぎる

上記は女性の意見ですが、実は男女共に「性格が合わない」という理由が1位でした。

それまでは恋人同士として愛し合っていたのが、結婚をすると家庭内での「素」の性格が出てきて、「付き合っている時はああだったのに」「こんな性格だなんて知らなかった」など、「性格が合わない」という理由で離婚している人が多くいました。

おそらくスザンヌさんと斉藤和巳さんも、この理由に当てはまるのではないでしょうか?斉藤和巳さんはずっとスザンヌさんにかまってほしかったのでしょうね!

スポンサーリンク

養育費はいくらもらった?

番組では、スザンヌさんの養育費の話題になり、スザンヌさんは「お金は最初にもらいました」と明かしました。子供が20歳になるまでの養育費を前払いでもらったそうです!

上沼恵美子さんは「4ヶ月くらいで滞ることもあるらしいのに、いい旦那さん」とコメントしていました。

スザンヌさんと斉藤和巳さんが離婚した当初、「慰謝料はおろか養育費も払っていない」とか「養育費をケチっている」などの噂がありました。

当時ソフトバンクホークスで大活躍していた斉藤和巳さんは、3年契約で7億5千万円という高額の年俸をもらっていますから、お金がないはずはありませんよね。

ではいったい、スザンヌさんは一括でいくらもらったのでしょうか?

養育費の相場はいくら?

養育費の定義は、「子供の面倒を見ていない方の親と同等の生活水準を、子供にもおくらせるためのお金」となっています。

「子供の面倒を見ていない方の親」=斉藤和巳さんと、同等の生活を子供におくらせるために、斉藤和巳さんがお金を払うということですね。

平均的に、子供1人に対しての養育費は2~4万円と言われています。当然、子供が増えればその分養育費は増えますが、スザンヌさんと斉藤和巳さんの子供は1人ですので、おそらく月に4万円程度でしょう。

スザンヌさんの子供は2014年に生まれています。そして2015年に離婚していますから、19年分の養育費を払う計算になりますね。

月に4万円として、12ヶ月✕4万円✕19年ということで、9百12万円となります。それに慰謝料なども含めておそらく1千万円ほど一括で払っていることになりますね。

もしくはもっとたくさん払っているかもしれませんが、プロ野球選手にとってはそんなに多すぎる金額ではないかもしれませんね。

ともあれ、現在も活躍しているスザンヌさん。お子さんと幸せな生活をおくってほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。